「情報とデータの基礎」資料

(最終更新日:2022年2月28日)

はじめに

これらの資料の利用にあたっては,以下の注意事項を遵守してください.

  • あくまで「参考資料」という位置づけであり,実際に行われる授業の内容を反映しているとは必ずしも限りません.

  • 本ページの資料は予告なく更新されることがあります.

  • 資料の無断転載は禁止です

また,ここに掲載されている資料・教材については,一部を除き,閲覧・ダウンロードする際にDCメール(あるいは東北大メール)のアカウントが必要です個人で利用しているGoogleアカウントは利用できませんのでご注意ください

「情報とデータの基礎」授業担当教員の皆様へ

このページに掲載されている資料につきましては,授業用途であれば自由に改変・再配布していただいて構いません.これらの資料のtexソースファイル等は,ISTU/DCの「情報教育教材データベース」内にあります.

オリエンテーション・イントロダクションに関する資料

講義参考資料

ソーシャル・スキル(情報社会における責任)に関する資料

講義参考資料

サイバーセキュリティ基本教材(サイバーセキュリティ基礎講座)

教材は,今後のデジタル社会における一般教養としてのサイバーセキュリティ全般を習得することを意図して制作されたものです

サイバーセキュリティ基本教材(ビデオクリップ)

本教材はドラマやデモンストレーションを通じて最新の脅威と対策を学ぶために独立行政法人情報処理推進機構IPAが作成した動画ですリンクをクリックすると,IPAのYouTubeチャンネルに移動します.

  1. 【約10分】そのメール本当に信用してもいいんですか~標的型サイバー攻撃メールの手口と対策~

    • 企業内の標的型攻撃メールの訓練を舞台にウイルスが含まれている添付ファイルを開かせる手口を示しその対策を説明します

  2. 【約10分】ウイルスはあなたのビジネスもプライベートも狙っている

    • 謎のハッカー「ブラックバニー」に単独インタビューした女性レポーターが見たものは…サスペンス調ドラマを通してウイルスの脅威と対策を説明します

  3. 【約11分】その警告メッセージ信じて大丈夫ブラウザの偽警告にご用心

    • パソコンでネットを閲覧中に突然,『ウイルスに感染したかもしれない』など不安を煽る警告メッセージが表示される通称偽警告の手口と対策について説明します

その他のビデオクリップについては,こちらをご覧ください.

サイエンス・スキル I(計算機による問題解決の基礎)に関する資料

講義参考資料

Pythonによるプログラミング

Pythonによるプログラミングを行うための環境を,皆さんがお使いのPC上に整える方法はいくつかあります.ここでは,ウェブブラウザ上で比較的容易に構築が可能な「Google Colaboratory」について,そのインストール方法を含む簡単な使い方およびGoogle Colaboratory上で閲覧可能な自習用教材を掲載します.

Google Colaboratoryのインストールと簡単な使い方について

Google Colaboratory上で閲覧可能な自習用教材

サイエンス・スキル II(データ科学の基礎)に関する資料

講義参考資料

情報の圧縮と符号化

「演習用データ」を利用する際は,以下にご注意ください.

  • 演習用データを利用できるのは全学教育科目「情報とデータの基礎」の履修者および担当教員のみです

  • 演習用データは全学教育科目「情報とデータの基礎」の授業自習も含む目的以外では利用できません

  • 演習用データを個人で利用しているPC等に保存する場合は授業の履修が終了次第速やかにデータの削除をお願いいたします

データ科学基本教材

本教材は本学における人工知能AI・数理・データ科学AIMathematics,Data scienceAIMDに関する授業の補助教材として作成されたものです.リンクをクリックすると,東北大学の情報・AIMDに関するYouTubeチャンネルに移動します.

人工知能基礎講座

本教材は近年さまざまなシーンでの利用が進んでいる人工知能AIの概要と課題を習得することを意図して作成されたものです

その他の資料

LaTeXによる文書作成

LaTeXによる文書作成を行うための環境を,皆さんがお使いのPC上に整える方法はいくつかあります.ここでは,ウェブブラウザ上で利用可能な「Overleaf」について,その簡単な使い方を掲載します.